新着記事

2005年01月17日

株名人の教え四半期会社情報で儲ける方法―女子大生ビックリ株の買い方売り方

半蔵門出版 ( 単行本 2004/06 )
Rank:17,513
Price:¥ 1,575
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


株価は、刺激されて動く。刺激の最大のものは、企業業績の変化。
このメカニズムを易しく解説している。
個人投資家には、かなり役立つ。

株式市場には、チャンスはいっぱいあるように見える。
だが、自分には、なかなか巡ってこなかった。
この本読んで、何をすべきかがハッキリわかってきた。
儲かる確信が掴めた。

「株式市場は、世界の景気循環の影響を受ける」、その他の鋭い指摘が数多く、かなり役立った。面白い。友人にも、勧めたい。続きを読む
posted by すぴっつ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株が好き♪―たった1銘柄の売買でも1000万円儲けられるフミエ流マル美株式投資術

アスペクト ( 単行本 2004/09 )
Rank:5,053
Price:¥ 1,365
★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


右も左もわからないこれから「株」を始めようとしている人向けの入門書にうってつけの本だと思います。また、「株」だけでなく、著者の経験に踏まえた資産運用や人生の教訓をも教えてくれる気楽に読めて元気の出る本だと思います。

ネット取引により、売買手数料が下がったことが原因でデイトレードがはやっている。確かに儲かるかもしれない。反論は勿論あるであろうが、これは投資ではなく投機であり、ギャンブルであると思う。
そういう信用取引などでてこの原理を働かせたデイトレードに関する本が売れに売れまくっている。
表紙などをみても、同じ類の本ではないかと思ったが、一つだけ気になった。「たった1銘柄の売買でも1000万円」この言葉により、投資スタイルに興味を持った。
本を読むと、テクニカル分析、ファンダメンタル分析の双方から判断する、いわば投資の王道である。
特に変わった投資スタイルでもないのでこの本は大したことがないと思ってしまうところであるが、筆者は投資スタイルについて述べている部分がある。
投資スタイルの基準は「気持ちがいい」ということ。
筆者は素晴らしい投資家であると認識しました。

「たった1銘柄の売買でも1000万円儲けられる」というキャッチコピーは
儲けられるノウハウが書いてあるという意味ではなくて
単なる著者の「1000万円儲けたことがある」という売り込みコピーです。
まあ、こういう本を読んでイメージをふくらませて
期待を抱いて株投資に手を染めたあげくに、
資産が半分以下になって呆然というケースも多いかもしれません。
とはいえ
最初から難しい分析なんかわからないという超初心者には
心構え本として一読してみてもイイと思います。
具体的な取引の話、推奨銘柄が一切載っていないので、
内容が古くならないかも。続きを読む
posted by すぴっつ at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仁科剛平の必勝株発見ソフトで10倍儲ける!―的中率96.8%

徳間書店 ( 単行本 2004/03 )
Rank:8,451
Price:¥ 1,680
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


以前仁科さんの株で1億作るという本を読んだのですが、とても面白く読めたので的中率96.8%?と思いながらも騙されたつもりでこの本を手に取りました。まず本に書いてあるとおりに株を買っていくと不思議なことに値段が上がるんですよ。でも96.8%というのはオーバーじゃないかと思います。確かに外れることもあったのですから。ただこの本の問題点はもうすぐ無料ソフトのダウンロードの出来る日が終わるということです。ほんとに当たるんだったら30万円のソフトを買えばいいだけなんですが、何しろ値段が高い。だから今から買うのはどうかなと思います。本の内容としてはマルです。ちなみに私は3冊手に入れています。皆さんも1度手にされてもよろしいかも。ソフトの期間の短いのを割り切ってですが。

株式投資を始めて半年。タイトルが気になり買ってみました。売り買いのサインが出るソフトを使うことができ、ソフトを使わなくてもできる銘柄選びのポイントや売り買いのポイントも説明してあるのが良いですね。ソフトの値段を見たら少し高いような気がしますが・・・。もっと無料で使用できるお試し期間がもっと長いといいような気がします。

株式は初心者なので、上手な売り買いの方法も分からず、本屋で一番売れていたこの本を買ってみた。
的中率96.8%というのはどうかな?正直分からないが、ソフトの使い方以外に株の選び方や売買テクニックも説明してあったので楽しみながら使っています。
ソフトの銘柄診断は、機能が限定されているのでもう少し見ることができれば嬉しい。続きを読む
posted by すぴっつ at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株で儲け続ける「買い方」225の鉄則―アマにはアマの戦略がある!

かんき出版 ( 単行本 2004/12 )
Rank:1,955
Price:¥ 1,470
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


下がっても逆張り、上がっても逆張りとは良く言うが、個人投資家のなかで、こうした原則を厳しく実践出来るものがどの位いるだろうか。プロに勝つために難しい理論はいらない。いかに安く買うか、それだけが勝負を決める。この本はハイエナがうろつく原野のような相場の中で、確実にサバイバルしていくためのシンプルな原則が優しく説かれている。個人投資家はこの本を買い、夢を追いかけるのではなく、現実に即した理屈を身体に叩き込むことだ。続きを読む
posted by すぴっつ at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年超株高大景気

ダイヤモンド社 ( 単行本 2004/11 )
Rank:2,503
Price:¥ 1,575
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
続きを読む
posted by すぴっつ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株はチャートでわかる!―テクニカル分析がチャートギャラリーでわかる!できる!

パンローリング ( 単行本 2000/07 )
Rank:35,204
Price:¥ 2,940
★★★★
通常2日間以内に発送
posted by weLoge


タイトルに偽り有りだが、内容はPANが出したさまざまな本の手法を
商品先物のデーターで検証した本。
PANの読者の大半は「外国で使える手法だというのは分かった。しかし日本で通用するのか?」という考えを持っているだろうが、それに答える本である!

ミーハーなタイトルからは考えられない好内容。
いつまでも株で儲けられない人には、
この本を読むと目が覚める思いであろう。
広くオススメしたい本である。

ミーハーなタイトルからは考えられない好内容。
いつまでも株で儲けられない人には、
この本を読むと目が覚める思いであろう。
広くオススメしたい本である。続きを読む
posted by すぴっつ at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株でゼロから30億円稼いだ私の投資法―大株主への道こそ株式投資の本道

エール出版社 ( 単行本 1997/06 )
Rank:24,007
★★★★
在庫切れ
posted by weLoge


この本は、まさしく個人投資家ならではの投資法で財産を築いた著者ならではの教えが詰まっている。著者の投資法そのものは、現在にそのままあてはまるかどうかは、自分で判断するしかないのだが、時流におどらされない長期投資で、また自分の投資法を貫いている。(著者は2回ほど、大きな損失をだしているが、それは自分の投資法を守らなかったときである。)
著者の投資法は、よくいわれる分散投資ではなく、ハイリスクな集中投資である。だが銘柄を分析し、よく調査することでリスクを減らしている。このあたりは、あのウォーレンバフェット氏と同じ投資法である。このあたりに株式投資で勝つヒントがあるのではないだろうか。
日々株価をおいかけ、株式売買し、なかなか儲けることができない人にお奨めする1冊です。

この本のタイトルからして、「株でゼロから30億円稼いだ私の投資法」と、まるでなにを夢物語をいってるの!とツッコミたくなりますが、実際の本の内容は、株式投資で、どうしたら、儲けれるのか?という点について、著者の長年の地味だけどすごいノウハウがかかれています。このノウハウは、今、巷にあふれている、いいかげんな株本とは違い、著者は低位の小型銘柄を下がりきったときに、何回かに分けて買い、我慢づよく耐え忍ぶことでほとんど、失敗することはないだろう、と主張されている。私も本当にその通りだと思う。しかし、我慢づよく、必死に耐えるには、その会社を良く調べ、その会社が必ずや株価をあげてくるだろうという信念をもたなくてはいけない。と主張され、特に、この本では、含み、メインバンク、などの項目をあげて、「会社中身」の見方を教えてくださいます。そこに、株式投資の成功のヒントが詰まってます。しかし、他の人も書かれているように、今の時代に合わないところもあります。たとえば、メインバンクに注目せよといった記述は、いざとなると、メイン銀行が助けてくれるので、投資する会社の株主は銀行が軒を連ねてる会社がいい、という記述は、ご承知の通り、いまの銀行倒産時代には、明らかに通用しないところもあります。しかし、そういった、今と比較しながら、読み進めるのも、面白いです。遠藤四郎のこの地に足をつけたこの投資方法は、これから、何十年と株式と付き合おうと思う人は、絶対読んでおく必要があると思います。

おそらく日本の個人投資家で最も多くの資産を築いたのが遠藤さんでは
なかろうか。本文中の会社四季報3106シキボウの大株主に載っている彼の名が、
その偉大さを物語っている。

彼の投資法は現在ではリスクが高すぎるが、バブル以前までは理想的な
投資法であった。以前は上場企業はそう簡単には倒産しないものであった。
それを利用してBPS1倍割れの赤字会社、低迷株、小型株に投資、株価が
上がるまで待っているという方法である。彼の言う株数の倍々ゲームに
よって11年後に1億円を達成。最大で80億円にもなった。

ただし、彼の方法はあくまでも企業がほとんど倒産しないという条件を必要とする。
赤字企業がたくさん潰れていく現在で、彼の投資法をするのはリスクが高いと思う。
実際、遠藤さんは今はシキボウは売り払っているが、かなりの損失になったはずだ。
しかし、彼の投資法である暴落買いは、利益の出ている企業が底値になった時に
買うということで、我々にも十分利用可能ではなかろうか。続きを読む
posted by すぴっつ at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと1年半は株で大儲けしなさい!

第二海援隊 ( 単行本 2004/12 )
Rank:4,322
Price:¥ 1,470
★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


浅井さんが株の本を出すのが初めてという事実がまず意外。浅井さんの場合は「日本破綻→資産疎開」論が大前提なので、日本株での儲けはあくまで短期的なもの、将来は全部売って換金・外国に資金疎開させることを推奨しています。で、暴落後にまた買って儲ける、と。では氏の言う円・国債・株のトリプル暴落=日本崩壊は一体いつなのか?崩れ去るときは一気なのか、消費税段階値上げとかずるずると今の状況を引っ張るのか。本書だけで完全納得というわけにはいかないでしょう。また断定的に書けるほどの論証をしているようには思えませんでした。結局、浅井氏自身主催の資産運用組織への勧誘本という側面は否定できないと思います。とにかく資産は分散・分散・分散という浅井氏の論法そのものはいつの時代も真なりと思いますが。

 日本国破産論者で有名な浅井氏。
 私自身、浅井氏のファンです。
 ここでの、株式市場が一年半というのは同感です。
 本署の中でも書かれているとおりだと思います。
 しかし、株式投資の仕方は、ちょっと無理があるようです。
 元々、浅井氏は株式投資の分野では素人です。
 どうしても、薄っぺらな内容になっている感を受けました。
 私自身が、相場運用で生活しているので尚更、そういう感想を持つ
 のかもしれません。
 この本の中では、今後の日本経済の見通しを中心に学び、株式投資
 の仕方は他の本に学ぶ。
 そんな使い方が良いような気がします。

日本の財政が崩壊する。
日本の危機は近い。
郵便貯金は破綻する。
著者が10年以上前から言い続けてきたことです。
未だに、著者が言うような最悪の状態には至っていません。
著者はいよいよ2年後にはそうなると断言します。
本書では、そうした事態に至る前、今から1年半の間は株式市場が上昇するので、儲けるのなら今のうちだと言います。
言わば、ロウソクが燃え尽きる前に、一瞬明るくなるようなものでしょうか。
本書では、なぜ著者がそう思っているかが述べられています。
このあたりは、これまでの著書と大して違いはありません。
続けて、情報の大切さが述べられ、相場に関する格言と簡単な解説となっています。
特に情報の大切さが強調され、著者の体験談からも、情報にお金を惜しむなと言います。
ふと見ると、本書に挟まれたチラシに、有料の投資情報提供の案内がありました。(笑)
著者の主張を否定するつもりはありませんが、だとすると本書ではなく多数出版されている株式投資の本を読んだ方が有用でしょう。
日本経済の見通しなどについては、著者の別著を含めた同テーマの本の方が良いでしょう。
本書は、あまりにも投資情報提供の宣伝意図が見え見えで、得られるものはほとんどありません。続きを読む
posted by すぴっつ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目指せ、株で1億円―2005年、日本の株式投資はこう変わります

明日香出版社 ( 単行本 2004/12 )
Rank:7,323
Price:¥ 1,575
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
続きを読む
posted by すぴっつ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。