新着記事

2005年01月17日

バリュー投資入門―バフェットを超える割安株選びの極意

日本経済新聞社 ( 単行本 2002/11 )
Rank:11,722
Price:¥ 2,625
★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


最近でこそ、個人でも沢山のデータを取得可能な時代になったが、
それでもまだ十分とは言えないだろう。
圧倒的な情報データ量を前提!?としているならば、この本は、
機関投資家で働く人たちが実践可能な基本的事項だと思われる。
もちろん個人投資家においても考え方自体は価値あるものではな
か?
書いてあることから派生していく手法、考え方は奥が深いと思う。
機関投資家でプロとして働く方々、一読願いたい・・・

一見、緻密そうにみえるが、作り方が雑である。
本書の構成は前半で、企業価値、バリューは@資産のバリュー+A収益力のバリュー+B成長のバリューからなると論じ、それぞれの算出方法を示す。
後半では8人のバリュー投資家を登場させ、その投資手法などが書いている。
では、前半と後半はどうつながるのか?
自分たちが論じるフレームワークが正しいというなら、8人の成功している投資家の投資手法の共通点、相違点を示すのが当然だろう。
副題にバフェットを超えると書いてあるが、はっきり言って、超えてないです。図書館で借りる本で、自分で買うまでの本ではないです。

自分にとって、読む価値があると感じたのは、セス・クラーマンについて述べている、第13章中の『売りたがっている投資家』の節だけでした。この節には、セス・クラーマンが、経済外的理由で株式を売りたがっている投資家の存在を重視していたことが述べてあるのですが、この部分に、自分は非常に大きなインスピレーションを感じました。この節を読めただけでも、この本を買うのに、高いお金を払った価値があると自分は思っています。
ただ、上記以外の本の内容は、ややpoorと言わざるおえません。本書の初めの部分も「価値に対して割安な株式を買う」という概念さえ理解していれば、特に読む必要ないと思います。また著者は、会社の事業の見方に精通しておらず、高収益の要因であるとか、そうことについて決議論を一般化し過ぎています。企業戦略論関係の良書(たとえば、『競争の戦略(ポーター著)』)を読んだ後、本書を読むと、著者の事業の見方がいかに脆弱であるかがわかると思います。
第13章の『売りたがっている投資家』の節だけきちんと読み、後は流し読み程度で、良いのではないかと思います。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

eワラント・ポケット株オフィシャルガイド

翔泳社 ( 単行本 2001/09 )
Rank:39,621
Price:¥ 1,575
★★★★
通常4〜6週間以内に発送
posted by weLoge


80年代のバブル期に悪名高かったワラント。
小生も未成年だった頃、ワラントに関する訴訟沙汰が報道されたのを記憶している。
しかしここで紹介されるeワラントはそれとは性格をかなり違えている。ハイリスクではあるが、健全な金融商品だ(健全だから儲かる、というわけではないが)。少額投資も可能だし、プットへの投資もできる。手数料もリーズナブルと言えよう。
本書を入門書として読めば、基本的な用語や、投資方法の基礎、GS証券が提供するサイトの利用法などが学べる。これによりeワラント市場参加への準備はできるだろう。
ざっと言えば、株式の信用取引を経験している程度の知識で充分対処できる。東京近辺に住んでいる方なら、ゴールドマン・サックス証券主催のセミナー(無料)に参加するのも有益であろう。著者の土居氏にも会える。

「eワラント」「ポケット株」、言葉はよく耳にするし、関心はあるのだけれど何となくとっつきにくいと感じている方も多いのでは?そんな方にお勧めできる本です。あの、ゴールドマン・サックスが解説しているだけあり、分かりやすい説明となっています。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

40歳からの1日10分間科学的「株」投資法

講談社 ( 単行本 2002/05 )
Rank:26,480
Price:¥ 1,470
★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


著者なりのテクニカル分析手法が平易な記述で書かれている良書です。自分で身銭をきって実践した投資手法を公開してます。好業績の銘柄を移動平均線・ボリンジャー・一目均衡表・RSI・MACDで売りサイン・買いサインを判断して売買すれば大きな負けはないということです。ただし、新興株はもっと超短期のトレーディング手法が必要だと思います。
売買サインにはだましがあるため、それをどう回避するかということに触れてほしかったですね。よって星4つ。

 日中に仕事をし、帰宅後資産を株式投資によって増やしていくことを目的に書かれています。
 短期の売買で、50万円/一ヶ月 を利益としていくために、どのようにチャートを活用するか、著者の実例を上げて書かれています。
 最終章の心得は、株式投資を全くしたことが無い私でも面白く読みました。
 成功している著者の楽しい気分が盛り込まれた文章は、明るく読みすすみやすかったです。

著者の肩書(元東工大教授)に騙されて、本書の内容を盲目視するのはよくないです。本書は要するに、大学教授の中にも、占星術(テクニカル分析)を信じる者(テクニカル信者)がいる、ということを示してるに過ぎません。他の大学教授かつテクニカル信者には、今野 浩氏などがいますね。
テクニカル分析で株価推移に何かのパターンを発見し、このパターンが作られた原因を群集心理等にする行為は、オカルト信者が規則性のない火星表面の模様に、”たまたま”人の顔の形を発見し、これが作られた原因を宇宙人にするのと変わりません。要は、他人が株式をたまたまいくらで買ったかを表しているだけの株価の推移は、火星表面の模様のように有益な意味は何もないのですが、テクニカル信者は、これに何らかのパターンを発見しようとテクニカル分析をし、このパターンが作られた原因を群集心理等にしているだけです。
人間が不規則な模様の中に、何かのパターンを感じ取ってしまい、これが作られた原因には何かあるのだろうと考えてしまうのは、様々な分野で見られ、たとえば、アポロの月面直陸のときに、アマチュア天文家たちが、不規則な模様を持つ月表面に、「宇宙人が作ったアラビア文字がある!」と言って、騒ぐであるとか、などがあるかと思います(詳しくは、『人はなぜエセ科学に騙されるのか?【上】(カールセーガン著)』をご覧下さい)。テクニカル分析も理屈は全く同じで、不規則な株価の推移に中に、何かのパターンを感じ取って、このパターンが作られた原因には何か(群集心理、経済一般等)あるのだろう、と人は考えてしまうわけです。
たとえ大学教授であっても、迷信を信じる人は、迷信を信じてしまう、ということです。この本を反面教師に、あなたも明日から、「肩書だけで、相手の主張の成否に判断下す」のはやめましょう。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株の短期売買実践ノート

同友館 ( 単行本 2003/07 )
Rank:7,151
Price:¥ 1,890
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


架空の話としては、うまくできている。実戦に使って、利益を手にできるのか。短期売買、その成果は疑わしい。

タイトルは短期売買実戦となっているけど、機動的に株式投資を行うための基本がしっかり書かれています。読むと心が楽になります(笑
また、「売買ルール」をしっかりと定義されているので疑心を持たず読めます。一読の価値アリです。

短期売買について書かれている本ですが決してデイトレード
について書かれている本ではありません。
最低でも1ヶ月は保持するような売買をされる方向きです。
内容は初心者でも理解しやすく納得できま。
ただ株を買うまでの分析(ファンダメンタル、テクニカル両方)
を十分に行うことを推奨してますので「そんな手間はかけられない」
という人は株売買の考え方だけでも学べます。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週末「株」投資で大儲け! 1週間に一度の売買で、着実に資産を増やす方法

ダイヤモンド社 ( 単行本 2004/07/02 )
Rank:39,555
Price:¥ 1,575
★★★
通常2日間以内に発送
posted by weLoge


テクニカルの説明も中途半端で読みにくく、マクロな経済の動向を知ることが株式投資には大切と言われても、車中で経済新聞を読むくらいで効果があるという話は眉唾もの。
自己の投資顧問業の宣伝書。無料配布が適当。

デイトレードに疲れてきた。なんとなくそう感じていた時にこの本を読んだ。

デイトレからウィークトレに変えてからパフォーマンスが上がった。

デイトレが体質・ライフスタイルに合わないと感じている人にオススメ。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株はこうして買いなさい―老後は株に稼いでもらおう!

ダイヤモンド社 ( 単行本 2003/11 )
Rank:58,826
Price:¥ 1,470
★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


はっきり言って買って損をした気分になる本です。なぜなら内容が中途半端。初心者向けの内容ですが初心者向けに詳しくイロハが書かれているわけでもなく、中級者としても特に参考となるものはなかった。タイトルにだまされないよう店頭で内容を確認しなければ後悔すると思います。推薦できかねるダイヤモンド社にはめずらしい本でした。

証券会社へ行って口座を作り、株を買う方法はもちろん、ネットでのオンライン方式から、株の単位などの基礎用語、そして実際に株を売買するタイミングまで、まさにイロハをまとめた良書です。
ほとんど株の知識のない私のような人間でも、本書を熟読すれば、たぶんちゃんと株を始められると思います。
タイトルは、株を始めたが何をどう買ったらいいか分からない人向け、というより、株を買うということじたいを知らない人に買い方を手取り足取り教える、というニュアンスですね。

投資をちょっとかじったり、勉強を進めてい私にとっては少々物足りない本でした。自分で調べれば普通にわかる情報を、たくさん集めて本にしました、といった感じの本です。タイトルに期待して「投資法」を学ぶつもりだったのですが、当てが外れました。この本はあくまで「入門書」としてとらえるべきです。(タイトル+巻頭)と、(全体の内容)にずれがあります。
それでも「株でもはじめてみようかなあ…」という人には最適だと思います。調査能力がまだ足りないなと思う人なら、本の内容ではなく、「この本はどんな情報を集め、着目しているか」という視点で見てみると面白い発見があると思います。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天才少年投資家マット・セト108の法則―ウォール街を興奮させた株の新定石

日本短波放送 ( 単行本(ソフトカバー) 1996/12 )
Rank:25,133
Price:¥ 1,325
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


かなり前の本になりますので、インターネットによる株取引、デイトレ−ドは、完全無視と、いった所です。その反面、長期保有を、考えているなら一理ある本です。

ファンダメンタル分析のやり方をかなり丁寧に書いてあり、とても充実しております。あと、精神的な部分、具体的には忍耐、自信にも述べられており感心させられる事ばかりでした。

読後、株式投資って魅力あるなあ、と引き込まれる本である。
ただし、著者が108挙げている法則の中で、
ハァ〜?こんなに単純でいいの??
と思うようなものも見つかる。例えば
★法則61 自分の直感を信じる
★法則73 25%から30%上がるまで売らない
★法則92 「長期間投資」「分散投資拒否」が合言葉
これらは、この著者の投資スタイルなのだろうが
普遍的な投資手法であるとは思えない。
これ以外にも書かれている法則の多くは、
他の株式関係の本にも既に書いてあるようなことで
目新しいことが書かれているわけではない。なにしろ
この本は、投資経験が数年の高校生
(出版された時は大学1年生)が書いたものなのだ。
つまり、この本はハウツー本ではない。
!!式投資って面白いよ、と教えてはくれる。
利益(ビギナーズラック)を得たら楽しそうだし、
リスクを取ることへの勇気を与えてくれる本なのだ。
日本とアメリカの投資環境の違いもあって、全てをうのみに
するのは、無邪気すぎるだろうが、アメリカの個人投資家の
一面を知る上でも面白いと思う。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1億円に大化け!「中国株」絶対法則

ベストセラーズ ( 単行本 2004/04 )
Rank:1,026
Price:¥ 1,575
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


最近中国株に興味を持ち、関連する本を5冊ほど読みましたが、この本が一番よかったです。
著者がかなりの中国通のようで、中国の経済状況のこれまでとこれからの展望が業種別にかかれ、またその中で注目銘柄について詳しくまた納得のいく内容が書かれています。また最近の株価動向についての記述もあり、業績(成長性も含め)に対する株価の意見ものっていて、非常に参考になります。
あと他の中国株関連本と違うのは、行き過ぎた買い煽りがないこと。私の読んだこの本以外は、中国経済の成長性から、中国株を買いさえすれば大もうけできるような言い回しがあり、その割には説得力のある説明が欠けているものが多いのですが、この本は説明が詳しく、中国株で儲けようと言うニュアンスが少なく、かえって信頼できます。
ただ難点をいえば、本文中に業績や売り上げ高などの数値の記述が多く、その記述が元やHKドルなどの単位で書かれているため、いまいちピンとこなかったという印象を受けました。できれば日本円に換算した値がかいてあるとより親切でさらによかったと思います。
なにはともわれ、中国株への投資意欲が増した1冊でした。

出ました。阿部氏の新著。 前作の「黄金法則」を読んで中国株に興味を持ち、取引を始めたところ約1年でかなりの儲けを手にすることができました。
で、今回の新著ですが、期待にたがわぬ内容。上海に自宅まで持つ筆者が自身の足と目で見た中国の姿がルポ風に書かれています。
もちろん肝心の中国株の内容も盛り沢山。
中国の各セクターの動向と関連株の業績見通しがしっかり分かり易く書き込まれており、投資をする際の指針になります。各銘柄の株価の高低(割高か割安か)について記述がある点もgood。読み物としても十分、楽しめる内容となっています。このところ中国株の本が立て続けに出てますが、本書は今年出たなかで出色のでき。中国株に興味のある方にとって一読の価値はあるでしょう。 

私は日本株は長くやっています。しかし最近の中国株ブームのすさまじい事。一般の週刊誌にもぞくぞく登場。私の仕事先のそばにある日本橋・丸善には、中国株、中国投資関連の書籍の大コーナーまであります。いくつか立ち読みしましたが、「人民元の将来」のことから、「中国未公開株の展望」まで、レールに沿って勉強できる、この本を購入して正解でした。株だけのことではなく、中国経済の未来まで勉強になりました。袋とじの中味も大変分かりやすく、参考になりました。いよいよ中国株に挑戦しようと思っています。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1億円に大化け!「中国株」絶対法則

ベストセラーズ ( 単行本 2004/04 )
Rank:1,026
Price:¥ 1,575
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


最近中国株に興味を持ち、関連する本を5冊ほど読みましたが、この本が一番よかったです。
著者がかなりの中国通のようで、中国の経済状況のこれまでとこれからの展望が業種別にかかれ、またその中で注目銘柄について詳しくまた納得のいく内容が書かれています。また最近の株価動向についての記述もあり、業績(成長性も含め)に対する株価の意見ものっていて、非常に参考になります。
あと他の中国株関連本と違うのは、行き過ぎた買い煽りがないこと。私の読んだこの本以外は、中国経済の成長性から、中国株を買いさえすれば大もうけできるような言い回しがあり、その割には説得力のある説明が欠けているものが多いのですが、この本は説明が詳しく、中国株で儲けようと言うニュアンスが少なく、かえって信頼できます。
ただ難点をいえば、本文中に業績や売り上げ高などの数値の記述が多く、その記述が元やHKドルなどの単位で書かれているため、いまいちピンとこなかったという印象を受けました。できれば日本円に換算した値がかいてあるとより親切でさらによかったと思います。
なにはともわれ、中国株への投資意欲が増した1冊でした。

出ました。阿部氏の新著。 前作の「黄金法則」を読んで中国株に興味を持ち、取引を始めたところ約1年でかなりの儲けを手にすることができました。
で、今回の新著ですが、期待にたがわぬ内容。上海に自宅まで持つ筆者が自身の足と目で見た中国の姿がルポ風に書かれています。
もちろん肝心の中国株の内容も盛り沢山。
中国の各セクターの動向と関連株の業績見通しがしっかり分かり易く書き込まれており、投資をする際の指針になります。各銘柄の株価の高低(割高か割安か)について記述がある点もgood。読み物としても十分、楽しめる内容となっています。このところ中国株の本が立て続けに出てますが、本書は今年出たなかで出色のでき。中国株に興味のある方にとって一読の価値はあるでしょう。 

私は日本株は長くやっています。しかし最近の中国株ブームのすさまじい事。一般の週刊誌にもぞくぞく登場。私の仕事先のそばにある日本橋・丸善には、中国株、中国投資関連の書籍の大コーナーまであります。いくつか立ち読みしましたが、「人民元の将来」のことから、「中国未公開株の展望」まで、レールに沿って勉強できる、この本を購入して正解でした。株だけのことではなく、中国経済の未来まで勉強になりました。袋とじの中味も大変分かりやすく、参考になりました。いよいよ中国株に挑戦しようと思っています。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。