新着記事

2005年01月17日

株の「パターン買い」ですぐに儲かる本―チェックするのはパターンだけ!

ダイヤモンド社 ( 単行本 2004/11 )
Rank:10,605
Price:¥ 1,575
★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


証券会社の営業マンが、カモの顧客に「今度こそ絶対儲かるから」と必死に勧めているみたいな本だった。

儲かる株55銘柄の解説も付いており、特にお奨めは後半の部分です。第5章の「これから日本株は大暴騰する!」と言う章は必見です。
悪政にもかかわらず、民間は頑張っていますね。利益を積み上げています。15年間にも及ぶ調整が日本株を支えています。この時間価値を多くの人は考えていませんね。懲役15年は長かったのです。まもなく、理想買いを演じたITバブル時につけた20833円に挑戦する筈です。主役は、あなた方です。40歳前後からスタートしたネット世代が新しい時代を築くのです。時間は大切です。時の流れを風のように感じてください。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新版 中国株で1億円儲けた! 実際に儲けた男がうちあける失敗と成功のストーリー

ダイヤモンド社 ( 単行本 2003/12/12 )
Rank:23,613
Price:¥ 1,470
★★★★★
通常2日間以内に発送
posted by weLoge


実際に中国株を買うかどうかは別として、著者の人生にもなかなか味があり興味がもてました。ただ中国株を前面肯定していますが、この著者のように一億に届く人はまずなかなかいないと思います。ただその方法はとても参考になるのでは。「邱 永漢」氏いわく。「中国株で1億円儲けた」人ほどはとてもうまくいかなかったと述べています。やるのならば、さしあたり必要のないお金で、買ったら北京オリンピックまでは忘れておく。ぐらいでやるのがよいなあと思います。でも今の日本に比べたら大きな夢があるのは確かですね。

中国株にこだわって、購入したわけではありません。
本屋でさっと目を通したときに、「サラリーマン時代に7年間で2500万円儲けた。」というフレーズが目にとまったので、自分の投資方法に参考になるかと思い、購入しました。
しかし、残念ながら日本株で利益を上げた投資方法については記述がありませんでした。がっかりです。
この方は、日本株で利益を上げた後、一旦、株の世界から離れています。
その後、80万円の元手で、中国株を買い始めています。
中国市場の発展の時期にうまくのって、着々と利益を重ねられています。
中国市場に限らず、相場が上昇気流にあるときの状況での投資法として参考になると思います。
まだまだ、発展し続ける中国は投資先としては有望だと思われます。
ただ、年内に人民元の切り上げが行われるため、注意が必要です。

うちの妻のお母さんが、中国株で200万くらい利益を出したというのを聞いてさっそく調べているうちに知り合った本がこれ。この本の著者は、相当早い時期から中国株を今よりもうんと安い値で買っていて、B株を中国人が買えるようになるといったような変化を物にしてきたさまをまざまざとみることができました。
この本の著者は、ホームページも開いているのでそちらも見てみると
おもしろいかも。
http://www.9393.co.jp/koizumi/index.html続きを読む
posted by すぴっつ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子大生ドッキリ株式投資のウソと本当―株名人が体得した市場の虚実と心得

半蔵門出版 ( 単行本 2004/09 )
Rank:23,845
Price:¥ 1,575
★★★★
通常4〜6週間以内に発送
posted by weLoge


自動売買で、株は儲かると思っていた。実際は、手数料がかさんで、利益無し。失敗した。この本で、理由がわかった。

普通の人じゃ、聞けないよ。よく聞き出したな。株名人も、よくぞ話してくれた。株式市場の「取り巻き」「仕組み」「仕掛け」がよくわかった。株名人に、感謝します。

株式市場のウソと本当を、これほど鋭く分析した本があっただろうか。素晴らしい内容だ。失敗、失敗、少し成功の私だが、もっと早く読みたかった。個人投資家、ネット投資家の皆さんに、オススメ。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知って得する株の心理学

実業之日本社 ( 単行本 2003/11 )
Rank:6,912
Price:¥ 1,470
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


暴騰時売れない。暴落時に売ってしまう。
そんな一般の方が陥りやすい、誰もが感じる心理を解き明かし。
どんな投資法が良いか、「相場の格言」を用いて解説しています。
自分の投資法に不足を感じている方には、学ぶところがたくさんあると思えます。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルゴリズムの絵本-プログラミングが好きになる9つの扉

翔泳社 ( 単行本(ソフトカバー) 2003/08/05 )
Rank:28,985
Price:¥ 1,764
★★★★
通常3日間以内に発送
posted by weLoge


本書は、この「絵本」シリーズの中では唯一C言語とは・・・という事が、解りかけてきた初心者が一人で読んでも理解できる本かもしれない。
ただし、ソート関連のアルゴリズムに関しては、もう少し実用的な例題が多ければ良いと思う。
何となく触ってパソコン操作を覚えた人には、知識を確認する意味で読むのもいいかもしれない。

アルゴリズムとデータ構造を取り扱った本はちまたにあふれている。本書もそのひとつではあるが、コンセプトが技術書ではなく「絵本」であるため、全ページを図解している点は評価できる。情報処理の教科書に使われているような本の内容が難しい場合に、本書を参照するとよい。特にアルゴリズムの概念を理解する上では、優れている。
ソートアルゴリズムについては、一通りの説明がなされているが、プログラミングに本格的に従事している人間には物足りない内容。特にクイックソートは、一般的に説明されている内容ではあるが、ソートできない数列あり。

本書の特徴は図解を多く取り入れていること。キャラクターが出てきて馴染みやすいものとなっている。ソート関連のアルゴリズムはもう少し例題が多ければなお良かった。本書のサンプルコードはC言語が主体となっているため、C言語の基礎的な部分は事前に理解しておく必要あり。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株の買い場・売り場をキャッチして資金を3倍に増やすPF(ポイント

あっぷる出版社 ( 単行本 2003/11 )
Rank:40,162
Price:¥ 1,575
★★★★★
通常3日間以内に発送
posted by weLoge


これを、よんで、大化けした株、する株が、身近になったような気がする。色々なネットサイトで知った、大化けしそうな新顔の銘柄、なぜだか手のだしにくい、本当はどうなのだろうといった不安・リスクがある。そういう銘柄に積極的になれないでいたが、これを読んでちょっと、挑戦してみようかと良い、パワーをもらった。
情報もあふれ、ネットトレードも盛んになった今、いかにして、利益をあげるかを、今までにない、切り口のあたらしい、この本に期待できる。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私は株で200万ドル儲けた

パンローリング ( 単行本(ソフトカバー) 2002/12/28 )
Rank:25,502
Price:¥ 2,310
★★★★
通常2日間以内に発送
posted by weLoge


投資の本場、アメリカで40年間連続ベストセラー(8週間で20万部)を記録した伝説の書『How I Made $2,000,000 in the Stock Market』がついに復刊、邦訳。一介のダンサーだった著者のニコラス・ダーバスは、40年も前に「ボックス理論」を実践し、当時の金額で200万ドルを稼ぎ出したウォール街の伝説の人物である(2003年現在)。
40年前に書かれたということもあり、内容の古さは否めない。読者になじみのない銘柄も多数登場する。だが、素人にありがちな失敗を繰り返しながら成長し、ついに自分なりの投資哲学や手法を確立する著者のストーリーは、投資の参考になるだけでなく、ドキュメンタリーとしても刺激的で、読みごたえがある。専門家の意見に翻弄される初心者の時代、成功してなお陥ってしまう落とし穴、大量の資金を運用する人間特有の悩み…。あらゆる投資家にとって、決して他人事では済まされない、重要な示唆が含まれている。そんな1冊だ。(土井英司)

 株式相場について、全くの素人がボックス理論を発見し、テクノファンダメンタリスト(ファンダメタルズを元にテクニカル分析を行う手法)となって200万ドルをGETするまでの話。
 本書で参考になった(自分の投資スタンスに確信をもたらしてくれた)のは、日本の古典的な相場師が行っているといわれる「ファンダメンタルの部分を捨て値動きに集中すること。相場が開いているうちは値動きを一切見聞きしないこと。新聞・雑誌の解説を読まないこと」を海の向こうでもしっかり実践して利益を重ねた点です。
 ただし、テクノファンダメンタリストになったことでダーバスは悲劇の幕をあけることになったと思います。1984年にロンドンで落ちぶれた彼の姿が目撃されて以来行方不明であると「脱アマ相場師列伝 林輝太郎著」の前書きに記載されていました。
 有終の美を飾れなかった事実を考慮すれば、マネーゲームにおいて「HITRUN」がいかに難しいか、指標の併用(テクニカルズ×ファンダメタルズ)がいかに危険かを教えてくれる反面教師の書籍でもあります。

普通のこうすれば儲かる!!てきな本とは根本的に違う本です。株をいろいろな指標をつかい、相場を理解しようとするよくある本ではなく、教科書的な本でもなく、著者の体験から利食いをするコツのようなものを理解することができます。うそっぱちで結局なにをしたらよいのかわからない他の本よりもよいと思います。ボックス相場理論を知らない人は絶対よむべき本だと思います。
そんなに長くないのですぐ読めるし、10冊ほど相場の本を読んだ中では一番おもしろい本でした。おすすめです。

1954年  一万ドルを元手にニューヨークで本格的に株の取引を始める。
1959年  200万ドルに達した。5年で200倍にした。
というのがこの本の初版本の内容である。
1971年に復刻版(すなわちこの本)を出版したのであるが、1959年以降1971年までの12年間の成果についてニコラス・ダーバスは触れていない。200万ドル儲けたその後のダーバスはどうなったのだろう?
監修者長尾慎太郎氏には「監修者まえがき」の中でこの点について触れてほしかった。これがなかったから星3つとしました。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝島MOOK「ソフトが自動判定 株の[大底値]がわかる!儲かる!」

宝島社 ( 単行本 2004/10/26 )
Rank:13,354
Price:¥ 1,680
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


タイトルの印象からさほど内容に期待をしていなかったが、これは実にまともなソフトである。シンプルで使い勝手がよい。
6ヶ月無料で利用できるので、テクニカルをこれから勉強しようとしている人にはお手頃な教材だと言える。また、上級者にも十分対応しうる内容である。今後を期待したい。

ソフトも本も付け焼刃的に書いた稚拙な文章でがっかりしました。金を返せ!と言いたいくらいです。宝島もいろいろな本を出してるけど、考え直したほうがいいんじゃないの??そんなにすごいソフトなら ソフトなんかで出す必要もないと思うけど。
とにかく みなさん騙されないように!

「短期売買」やら「自動売買」といったせわしない株式投資に少し疲れてきた人にはお薦めだと思います。
ソフトもシンプルながら、色々なテクニカル手法の検証ができるなど、非常に奥が深い一面もあります。本編の理論もよかったです。初心に戻った気がしました。続きを読む
posted by すぴっつ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別冊宝島「週末株トレードでガッチリ稼ぐ」

宝島社 ( 単行本 2004/12/03 )
Rank:3,664
Price:¥ 1,200
通常24時間以内に発送
posted by weLoge
続きを読む
posted by すぴっつ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。